染み抜きを自分で!布団や服についた血液やコーヒーの食べシミも手軽にキレイ

9 min
PR

本サイトは記事内にプロモーションを含みます。

布団と服にシミがついてるぅぅぅ…。

血液やコーヒー、食べこぼしで付いたしつこい油汚れなど「シミ」の種類は様々。

染み抜きは自宅でもできますが、色落ちや生地を傷めてしまわないか心配ですよね。

クリーニングに出さないで、シミを手軽に落とせないかな?

実は家庭にあるアイテムでシミを綺麗にすることは可能です。

この記事では、手軽にできる染み抜きをご紹介。

水溶性と油溶性のシミ、子供の服についた食べこぼし、出先でのアクシデントまで、シーン別の対応方法を解説。

日常生活で役立つ生理用の染み抜き洗剤や、重曹など家庭にあるものでできる染み抜きテクニック。

シミ落としに便利なグッズについてもご説明します。

高級なモノ、染み抜きを失敗したくないモノ、自分で染み抜きできないモノはクリーニング店に出しましょう。

自宅での染み抜きは自己責任となります。

基本的なシミの種類と対処法

子供の洋服についた食べこぼし汚れに、すり傷でついた血液。

コーヒーやしょうゆのシミ。経血がついてしまった布団。

一度は格闘したことがあるしつこいシミ。

汚れによって対処が違うので、一度シミができるとなかなか大変ですよね。

ここからは、そんなシミの種類ごとに正しい知識と対処法をまとめました。

水溶性のシミ

ジュースやお茶など、子どもがよくこぼす飲み物は大抵水溶性のシミ。

水に溶けやすく、落とし方のポイントは素早い対処がポイントです。

  1. 濡れた布で優しく叩いて表面の液体を取る。※絶対にこすらない
  2. その後ぬるま湯に衣類を浸すと効果的。ウタマロせっけんやサニタリー用染み抜きをつけるとさらに良い。
  3. どうしても落ちにくい時は洗濯用の酸素系漂白剤が有効。ただし、漂白剤は色柄物には使用できないケースもあるので、服のタグを確認して下さい。

油溶性のシミ

油性ペン、チョコ、口紅、ファンデーションなどが原因の油溶性のシミは、水では落ちにくい困ったさん。

シミを取るにはまず台所用洗剤をかけて、シミによくなじませるところからスタートです。

  1. 布同士をこすり合わせると油が分解されます。
  2. シミの濃さや範囲に合わせて、汚れの範囲がせまい、もしくは濃いならセスキ炭酸ソーダなどの弱アルカリ系を。
  3. シミの範囲が広ければ、事前に重曹を振りかけてから熱めのお湯につけると染み抜き効果が増します。

水と油の混合タイプ

食事中についてしまうことが多く、ソースやドレッシングのような混合シミは、水と油の成分が組み合わさった手ごわい汚れ。

  1. 水溶性の部分を先にぬるま湯でケアしましょう。
  2. 油溶性は台所用洗剤をかけてなじませ、布同士をゆっくりこするOK。
  3. 汚れがしつこいときには重曹やオキシクリーンをお湯でといて付け置きしてから洗濯するといいでしょう。
  4. それでも落ちない時には漂白剤を使ってシミを落としましょう。

混合シミは忍耐がカギです。

じっくりと取り組みましょう。

タンパク質系のシミ

血液や汗の「体内の分泌物」や、肉や卵などの「動物性食品」の汚れがついてできたシミです。

この汚れの特長は、

  1. 時間が経つと落ちにくくなる。
  2. 放置するとカビの原因に。
  3. タンパク質を含んだ汚れは熱で固まり落ちにくくなるので、熱湯は使わない。

血液などに含まれるたんぱく質は50~60℃で固まるので、40℃以下で洗ってね。

洗剤は生理用染み抜き洗剤がオススメ。

ウタマロせっけんもよく落ちるよ。

泥汚れのシミ

子供が学校や公園で夢中で遊んで、帰りにはズボンや靴下についてることの多い泥汚れ。

シミの常連ですが、これがなかなかしつこい!

ふつうに洗濯しても汚れが落ちづらく、洗濯機に砂や泥が広がるので注意が必要です。

  1. 泥は乾かしてからブラシで払い落とすのが第一歩。悪化させないように水で濡らさず、乾燥させましょう。
  2. そのあと、優しく叩いて泥を落としてから洗濯機へ。しつこい場合は、中性洗剤を使った手洗いが有効です。
  3. 他にも、一度乾燥した状態でスクラブ入りの歯磨き粉を使ってもキレイに落とせます。ブラシで払うよりも、繊維の奥まで泥を落とせるので、なかなか泥を落とせない時にはお試しあれ。

泥汚れはざっくり泥と砂を払ったあと、こすり洗いはしないで、乾かしてから泥を落とすのがポイント!

さまざまなシミに共通する取り扱い注意点

汚れの特長と対処をお伝えしましたが、染み抜きでは注意しなければならない共通点があります。

どんなシミでも力任せにこすったり、間違った方法で処理すると服を傷める原因になるため慎重に行いましょう。

服の素材に応じた洗剤や方法を選ぶこと、色柄物の取り扱いには特に気を使うことが肝心です。

染み抜きをするときは気持ちに余裕をもって、できるだけ早く取り掛かりましょう。

手軽にできる染み抜きアイテムの紹介

子どものいたずら、思わぬ食べこぼし…日々の暮らしで服にシミを作ることは誰にでもありえます。

基礎的な染み抜きは家庭でも手軽にできるので、応急処置としても使えるのでぜひ覚えましょう。

応急処置したあとにクリーニング店にお願いすると、よりキレイに仕上げることが可能です。

しっかりとシミを取りたいならクリーニング店に持ち込むか、宅配クリーニングを使いましょう。

オキシクリーンを使った染み抜き

オキシクリーンは、弱アルカリ性の家庭用洗剤のなかで万能なスター選手!

酸素系漂白剤の力で汚れをしっかり落とします。染みに直接塗るだけでなく、水に溶かして浸け置きするといった使い方も。

全体洗いだけでなく局所的なシミにも効果的。

  • 衣類の汗ジミ
  • 泥汚れ
  • 皮脂汚れ
  • 茶渋など

洗濯機を使う場合は洗剤と併用し、通常の洗濯でOK。色柄物にも使えるので、お子様の服にも安心して使えます。

洗いづらい子供の靴もオキシクリーンで付け置きするだけでキレイに仕上がるのは感動です。

血液やコーヒーには生理用染み抜き洗剤

意外と知られていない生理用の染み抜き洗剤。

主にたんぱく質系のシミに効果的で弱アルカリの性質です。

粘性があり、シミにしっかりと定着・浸透する優れもの。血液やコーヒーなど濃い色のシミ、傷ませたくない服やランジェリーを優しくキレイに仕上げてくれる効果があります。

美容師がカラー剤汚れにも使うこともあり、サイズも小さいのでお出かけ先にもっていっても大丈夫なコンパクトサイズ。

  • 血液
  • ミルクの吐き戻し
  • うんち漏れ
  • カラー剤(長時間経過したものは不可)

洗面器などで付け置きして洗濯するだけで充分シミが落とせます。

血液は乾燥、カラー剤は発色が進んでしまうと落とせなくなってしまいますので注意!

重曹を活用した自然派の染み抜き

環境にも優しい重曹は、ナチュラルな染み抜き剤としてその力を発揮します。

水または少量の水を加えてペースト状にし、シミに塗布。その後、ブラシでやさしくこすってから洗濯すれば、自然の力できれいさっぱり。食べ物のシミから体液の汚れまで、幅広く対応可能。肌にもやさしいので小さなお子様がいるご家庭でも安心です。

重曹と同じような働きで使いやすいものでは「セスキ炭酸ソーダ」があります。

同じナチュラル洗剤として使えるセスキ炭酸ソーダはpHは9.8。重曹はpHが8.2ですが、沸騰させるとpHが10まであがります。

重曹の粉よりもセスキ炭酸ソーダのような顔液体の方が使いやすいので、自分で作って使うこともできます。たっぷり吹きかけても粉が残らないので遠慮なく使えます。

スクラブ入りを利用した染み抜き

意外なアイテム、歯磨き粉も染み抜きに一役買ってくれます。スクラブ効果があるものを選びましょう。

汚れた部分に直接塗り、柔らかいブラシなどで軽くこすってから洗い流すだけ。優れた研磨力で服のシミもピカピカに。

ただし、色物やデリケートな素材には不向きなので、使う際は素材をよくチェックしてくださいね。

調味料で即席にシミ落とし

しまった!という時は、身近なもので応急処置を。

テーブルにある塩や、台所にある酢でも染み抜きできます。

塩は水分を吸収する性質があり、ワインやコーヒーなどの液体シミに効果的。

一方、酢は天然の消臭・漂白効果に優れ、軽いシミや臭いの除去に役立ちます。

まずは端っこや目立たないところでで試してから本格的に使用してみてください。

ウタマロは他の洗剤と併用しやすい

ウタマロシリーズは、他の洗剤との合わせ技では実現できなかった「スッキリ落とし」が可能です。

特にウタマロせっけんは弱アルカリなので、しっかりと汚れを落としてくれますよ。

ウタマロシリーズは他にもありますが、こちらはすべて中性タイプ。

中性洗剤は肌にやさしいのが特長ですが、従来の中性洗剤では洗浄力が低いとされていましたが、ウタマロは中性のまま洗浄力を高くすることに成功しています。

  • キッチン(食器用洗剤)
  • クリーナー(キッチン・お風呂・リビングなどに使える万能クリーナー)
  • リキッド(デリケート素材や手洗い向きの洗濯用洗剤)
  • ウタマロせっけん(弱アルカリタイプのせっけん)

ウタマロの洗浄力をさらに高めるなら、重曹・セスキ炭酸ソーダ・アルカリ電解水と混ぜると◎。

ただし、アルカリ濃度を上げる場合は、アルカリに弱い素材には気をつけましょう。

絹、羊毛、ポリエステルの繊維。金属ならファスナーに使用される、銅やアルミもアルカリに弱いので変色や脱色に注意しましょう。

汚れ別シミ落とし+ウタマロせっけんが最強。

服の汚れはそれぞれ性質が異なるため、ちょっとしたコツが必要。

例えば、油性の汚れはウタマロ石鹸を濡らした布に取り、テクニックを駆使して軽くたたくようにして落とします。

タンパク質系のシミには、ぬるま湯で少し溶かした石鹸液が効果的。シミの周りからじっくりと内側に向かっていくときれいになります。

この汚れに応じた最適なアプローチで、ウタマロせっけんを使えば、厄介なシミにもさよならできるでしょう。

生地を傷ませないで汚れをおとすならウタマロせっけん

お気に入りの洋服も気をつけないとシミ抜きで傷んでしまうことがあります。

だけどウタマロなら洗濯用せっけんとしては珍しく、強力な洗浄効果と服へのやさしさを兼ね備えています。

アクロンやシルクなどのデリケートな素材も安心。

ウタマロせっけんなら、直接汚れにすりつけてからつけ洗いし、そのあとに洗濯機で洗えば、キレイにしながらも生地をしっかりと保護し、長く愛用してできますよ。

シーン別!おすすめの染み抜き方法

お子様の食べこぼしから、お出かけ先での突然の汚れ、家の中のアクシデントまで。

うっかりシミがついてしまった時でも、安心してください。

ここでは、さまざまなシーンで役立つ染み抜きテクニックをご紹介します。手軽にできる方法もたくさんあるので、シミに悩んだ時はここをチェック!

衣類に付いた食べこぼしのシミへの対応

小さなお子様がいると食べこぼしはつきもの。ミートソースやカレーなど色が濃い食べ物ほど、シミが目立つものです。

  1. まずは固形物はすぐに取り除き、ティッシュペーパーや布で軽く押さえて液体を吸い取ります。
  2. ぬるま湯で湿らせた布で叩き洗いを。
  3. 水だけでは落ちにくい場合、中性洗剤か染み抜き洗剤を少々つけてていねいにたたいて、最後に水でしっかり流してください。

色褪せの心配が少なく、衣類をいたわりながらキレイにできますよ。

お出かけ中の急な衣類の汚れに対処するコツ

旅行先やレストランで思わぬ汚れ。そんな時は手軽に使えるウェットティッシュが大活躍します。

  1. まず、大きな汚れを優しく拭き取ってください。
  2. その後、清潔なウェットティッシュで時計の針を描くように内側から外側へと拭いてシミを広げないように注意しましょう。

アルコール付きのウェットティッシュ、除菌シート、おしぼり(低濃度の漂白成分が残っているため)は色落ちの可能せいがあるので注意。

擦りすぎは生地を傷める原因にもなるので、やさしくポンポンと叩くようにすると良いでしょう。また、ミニボトルに入った染み抜きスプレーを一つ持っておくと安心です

布団やソファの大きなシミを目立たなくする方法

布団やソファにできたシミは見た目にも影響しますし、気になるもの。大事なのは早めの処理です。

  1. 最初に掃除機をかけて汚れを浮かせましょう。
  2. それから薄めた中性洗剤をスポンジに含ませ、シミを優しくタップします。
  3. シミ部分を中心に外側に向かってなじませると、シミが広がるのを防げます。
  4. 泡立てた洗剤を使うと、擦らずに汚れを落とせるので、布地を傷めません。
  5. 最後は湿らせたタオルで洗剤をきれいに拭き取って完了です。

職場でのドリンクこぼしの応急処置

大切な仕事中にコーヒーなどのドリンクをこぼしてしまうと、焦ってしまいますよね。

まずは余分な水分を拭き取り、清潔な布やティッシュに水を含ませてシミを叩いてみてください。水が染み込むように少しずつ足しながら、叩き続ければ段々と薄くなっていきます。ここで擦るのは禁物です。

コーヒーや紅茶など色の濃いシミは熱湯だと固着することがあるので、40℃以下の水で対処するのがポイントになります。

服や布団についた血液汚れの対処

子供がけがをしたり、鼻血が出たりと、子供がいる家庭では思わぬ血の汚れに遭遇することも。

  1. 血液はタンパク質汚れなので40℃以下の水で対応する。
  2. 50℃以上の温かい水を使ってしまうと固まってしまい、落ちにくくなるため注意が必要。汚れに直接水をかけながら、ゆるやかに叩き、液体の血液を流し去りましょう。
  3. 水に少量の塩を加えることで、汚れを浮かせやすくなります。それでも落ちない時は、酸素系漂白剤を使うのも一つの手です。

生理用の染み抜きは使い勝手抜群!

生理用の染み抜きは、本来は生理用でおりものや経血汚れに開発されたランジェリー用の染み抜き洗剤です。

すぐに使えて、持ち運びにも便利なサイズで販売されています。外出先や宿泊先でのトラブルにも対応できるアイテムで、困ったシミをさっと解決できます。

美容師も仕事中に付いたカラー剤を落とすのに利用するのも、生理用の染み抜き洗剤です。

  • まずはぬるま湯で汚れを落とし、綿棒に少し液を含ませ、シミにつけて叩くと簡単に染料が落ちます。
  • 頑固なときはつけ置きした後に洗うだけ。

使いすぎには注意が必要ですが、応急処置としてはこれ以上ないアイテムです。

発色がすすんだカラー剤汚れは難しい場合が多いです。

他にも、子供が転んですり傷をつくった際、服についてしまった血。

意外と落ちにくいですが、血液のシミには生理用の染み抜きが大活躍。血液のたんぱく質としっかり反応し、シミを根こそぎ落としてくれます。

落とし方は汚れた服をそのまま水で湿らせ、染み抜きを直接つけて優しくたたくだけ。面倒な前処理や後処理も不要。急いでいる時にも手早く対処できます。

出先のコーヒーや醤油などの水溶性の汚れの対処に◎

外出先でジュースやコーヒーを服に落としてしまったりする場面はよくあることです。そんな時も生理用の染み抜きを持っていれば心強いですよ。

水溶性の汚れにも強く、染みを根本から絞り出すように落としてくれるため、コーヒーや醤油、果汁などのシミもあっという間に除去できます。ポーチに忍ばせておくだけで、安心して外食やお出かけができますよ。

持ち運びしやすい携帯染み抜きと相性抜群

出先や旅行先でもすぐに使えるように、生理用染み抜き洗剤と一緒に持ち歩くと便利なのが携帯染み抜き。

生理用染み抜き洗剤がない場合でも、水やぬるま湯で応急処置ができるので、シミが抜けづらくなる前に素早く対処できます。

自宅でも外でも使いたい時にすぐに使えるので使い勝手が抜群です。

携帯用染み抜きが1つあれば、不意に来るシミのトラブルも、携帯染み抜きと生理用染み抜きを組み合わせれば、どんな染みも恐れることはありません。

子供との外食、スーツやオシャレ着で出かけたときの応急処置に。

かさばらないのでカバンに入れておくと安心。

シミや汚れを振動で叩いて落とす。

40℃くらいのまでの水やお湯だけでもしっかり汚れを落とせます。

生理用の洗剤や染み抜き剤を携帯用にいれておけば、どこでも汚れに対処できます。

すぐに染み抜きやクリーニングに出せない出先や旅行中などで持っていると便利なですよ。

クリーニング店に染み抜きをお願いする

シミを完全に除去したり、不安な時、大切な服の場合はクリーニング店にお願いしましょう。

そのときにただ出すのではなく、しっかりと応急処置をしておくと、クリーニングの仕上がりがさらに向上します。

ここからは自分で染み抜きをしたあとの注意点をご説明します。

染み抜きに失敗したらクリーニング店にすぐに相談

自分で染み抜きをしたときに、上手くいかなくてがっかりすることもあると思います。

そんな時はクリーニング店に素直にお願いしましょう。プロの技術を信じて、おまかせするのが最善です。

シミの状態を見てチェックしてくれるので、どうやったらこうなったかを丁寧に説明してお願いしましょう。

色が抜けたなら色合わせを。タンパク質系のシミならば、冷水につけてゆっくり時間をかけて改善してくれたりと、原因に合わせて対処してくれます。

染み抜き剤を使った後の衣類の扱い方

クリーニング店に出す場合も、自宅で洗濯する場合も、染み抜き剤を使った後は、衣類への注意が必要です。

まず重要なのは、シミ抜き剤の指示に従った処理を丁寧に行うこと。それが終わったら、すぐにたっぷりの水でしっかりとすすぎをしましょう。

残ったシミ抜き剤が衣類を傷める原因になることもあるので特に大切です。

さらに洗濯機で洗う場合、他の衣類と分けて色移りにも十分気をつけてください。

天然素材のものは特にシミ抜き剤の強さによっては繊維がダメージを受けやすいため、優しく扱い、自然乾燥させるのがおすすめですよ。

すべての染み抜きに共通しているのは「なるべく早く行動する」こと

染み抜きには多くのテクニックが存在しますが、すべてのシミに共通することは「なるべく早く行動する」ことです。

シミというのは時間の経過とともに取れづらくなります。

特に血液など有機物によるシミは、時間が経つと分解され色を変えることがあります。

そうすると、その後のシミの取り除きが困難になることも。ですから、シミを見つけたらできる限りすぐに処理することが大切。もし外出中ならウェットティッシュで軽く押さえたり、その場でできる応急処置も効果的。

そんなときに携帯用の染み抜きがあればとても心強いですね。

子どもといれば、シミはつきものです。汚れたときは焦らずに応急処置できれば、衣類を長持ちさせることができるでしょう。

ゆとり

ゆとり

雑学大好き美容師。プライベートでは双子と末っ子の三兄弟の父。
育毛やヘアケア・子育て・暮らしの知識を中心に、日々の暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
「人生にゆとりと潤い」をテーマに生活を快適にしましょう。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事