赤ちゃんにベビーサークルとベビーフェンスはいらない?メリット・デメリット

6 min
PR

本サイトは記事内にプロモーションを含みます。

ベビーサークルって本当に必要?それともベビーフェンス?

ベビーガードってどう選べばいいの?

こちらの記事も参考になれば↓

幼児を持つご家庭なら、一度は抱くこの疑問。

結論から言うとベビーガードと呼ばれるベビーサークルとベビーフェンス。この2つは間取りに合わせて使うことで、赤ちゃんの身はもちろんのこと、赤ちゃんを見守る親たちに安心感を与えてくる強い味方になります。

ベビーフェンスはキッチンとリビングの間、玄関前の段差、階段の入り口前に設置すると◎

ケガや不意の事故を防ぎやすくなります。

ベビーサークルは安全な反面、場所を取るので圧迫感があります。

軽くて畳みやすいメッシュタイプもあるので、間取りと相談しましょう。

この記事ではベビーガードの必要性を、以下のポイントを解説しています。

  • ベビーガードのメリット・デメリット
  • ベビーサークルを使わない場合の部屋作り
  • ベビーフェンスを使うと安心感
  • どちらも子供の安全と親の子育ての緊張をやわらげてくれる

赤ちゃんの安全の確保と家庭の快適さを両立させるためにベビーガードは非常に便利なアイテム。

特に目が離せない赤ちゃんを見ながら家事をしなくてはいけないとき、ベビーガードがあるだけで心の安心感が得ることができるでしょう。

家事や育児の休憩にベビーサークルとベビーフェンスを使うと、料理に集中できたり、休憩の間は少しだけ赤ちゃんと距離を取って休むことができます。

ベビーサークルのメリットとデメリット

ベビーサークルは、赤ちゃんが安全に遊べるスペースを確保できるアイテムです。

赤ちゃんが部屋を自由に歩き回れなくなるので、親が自分の時間を確保したりしやすくなります。しかし、間取りが狭いとベビーサークルは部屋を圧迫しがち。

ここからはベビーサークルのメリットとデメリットを比較していきましょう。

① ベビーサークルを購入する前の考えるポイント

ベビーサークルを購入する際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

まず、部屋のサイズとベビーサークルの大きさが合っているかを確認しましょう。 大きすぎると場所を取りすぎ、小さすぎると赤ちゃんが快適に遊べません。

次に素材や安全性をチェックしてください。メッシュ製のものは軽くて通気性が良く、木製のものは頑丈ですが重いです。

また、折りたたみ式のモデルは収納が簡単で、使わない時に場所を取りません。しかし、子どもの力が強くなると、その分耐久性が弱いため、乗り越えられたり壊される可能性があります。

最後に、ベビーサークルの安全性を確認してください。鋭い角がないか、しっかりと固定できるかなどチェックすることが大切です。

② メリットとデメリット

ベビーサークルのメリットには、赤ちゃんが安全な空間で遊べることがあります。これにより、親は家事をする間も安心して赤ちゃんを見守ることができます。

しかし、デメリットとしては、ベビーサークルが家の中でかなりのスペースを占めることが挙げられます。また、赤ちゃんがベビーサークルに閉じ込められていると感じることもあり、場合によっては嫌がることも。

さらに、使用期間が比較的短いため、コストパフォーマンスを考える必要があります。だいたい1歳半~2歳には、サークルの脱走を試みる子が絶えませんの気をつけましょう。

③ 実際の体験談

実際にベビーサークルを使った家庭の体験談を聞くと、その必要性についてさまざまな意見がありました。

ベビーサークルを使う方の多くは赤ちゃんの安全を確保し、安心感を求める方が多く感じました。

お昼寝のときもベビーサークルで囲うことで、寝起きに気付かないときや目を離した際に、赤ちゃんが動き回るのを防いでくれます。

なにより多かったのは、ずりばいからのハイハイ、つかまり立ちの早さで購入を即決した方も。やはり安全を求める方が多いようです。

一方、ベビーサークルをほとんど使わず、代わりに部屋全体を赤ちゃんに優しい空間に変えたと話す方も。

自由に動き回ってほしいと感じる方は意外と多い印象でした。

使う期間の短さ・金額・処分がネックの方も。

④ ベビーフェンスとの比較

ベビーサークルとベビーフェンスを比較すると、それぞれに異なる利点があります。ベビーサークルは移動が容易で、赤ちゃんを一定の場所に限定して遊ばせることができます。一方、ベビーフェンスは家の特定の部分を区切るのに適しており、より広い範囲での安全を確保できます。例えば、階段やキッチンの入り口に設置することで、赤ちゃんが危険なエリアに入るのを防ぐことができます。家の構造や赤ちゃんの活動範囲に応じて、どちらを選ぶかを決めることが重要です。

ベビーサークルを使わない家庭の工夫

ベビーサークルを使わない家庭では、赤ちゃんの安全を確保するために様々な工夫が必要です。特に、赤ちゃんが自由に動き回れる環境を作る際には、安全対策が重要になります。

① 安全な環境作り

ベビーサークルを使わない場合、家全体を赤ちゃんに安全な環境にする工夫が必要です。 これには、危険な物を手の届かない場所に移動させる、コンセントカバーを設置する、鋭い角にはクッション材をつけるなどが含まれます。また、床には柔らかいマットを敷くことで、赤ちゃんが転んだ時の衝撃を和らげることができます。これらの対策は、赤ちゃんが安全に探索できる環境を作るために重要です。

② 子供の安全管理

ベビーサークルを使用しない場合、赤ちゃんの動きを常に監視することが重要です。特に、階段やキッチンなどの危険なエリアには注意が必要です。一部の家庭では、ベビーゲートを設置してこれらのエリアへのアクセスを制限しています。また、赤ちゃんが安全に遊べるように、部屋の中の家具の配置を工夫することも効果的です。

③ ベビーサークル不使用の理由

ベビーサークルを使用しない理由としては、スペースの問題や赤ちゃんの自由度を重視する考え方があります。狭いスペースではベビーサークルが場所を取りすぎるため、適切でない場合があります。また、赤ちゃんにより広い範囲で探索させたいという親の意向も、ベビーサークルを使わない理由の一つです。

④ 実際の家庭の声

実際にベビーサークルを使わない家庭の声を聞くと、多くの親が赤ちゃんの安全と自由度のバランスを取るために工夫していることがわかります。例えば、家具の角に保護材をつけたり、赤ちゃんが安全に遊べるエリアを作ったりしています。また、親が常に赤ちゃんの動きを見守ることで、安全を確保しています。

ベビーサークルを購入するポイント

ベビーサークルの購入を検討する際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。これらのポイントを把握することで、赤ちゃんにとって最適なベビーサークルを選ぶことができます。

① 選び方と注意点

ベビーサークルを選ぶ際には、素材、サイズ、形状、安全性などを考慮する必要があります。 メッシュタイプは軽くて持ち運びが簡単ですが、頑丈さに欠けることがあります。木製のものは頑丈ですが重く、プラスチック製は手入れが簡単です。また、赤ちゃんが乗り越えられない高さを選ぶことも重要です。さらに、折りたたみ式のモデルは収納が簡単で、使わない時に場所を取りません。

② 使い方と活用例

ベビーサークルの使い方には、赤ちゃんが安全に遊べるスペースを作ることが含まれます。例えば、リビングルームの一角に設置して、赤ちゃんがおもちゃで遊ぶスペースを作ることができます。また、折りたたみ式のモデルを選ぶと、必要に応じて簡単に移動や収納が可能です。これにより、家の中の様々な場所でベビーサークルを活用することができます。

③ 設置場所と影響

ベビーサークルの設置場所を選ぶ際には、家のレイアウトや赤ちゃんの安全を考慮する必要があります。例えば、リビングルームや子供部屋に設置することが多いですが、赤ちゃんが家の中を安全に探索できるように、家具の配置を考慮することが重要です。また、ベビーサークルを設置することで、赤ちゃんが安全に遊べるスペースが確保され、親は安心して家事などを行うことができます。

④ 利用期間と処分方法

ベビーサークルの利用期間は、赤ちゃんの成長によって異なります。多くの場合、赤ちゃんがハイハイや歩き始める時期から使用を開始し、自由に歩けるようになったら使用を終了します。ベビーサークルの処分方法については、リサイクルショップへの売却や、オンラインでの中古販売が一般的です。また、知人や親戚に譲ることも一つの方法です。

ベビーフェンスはデメリットが少ない

ベビーサークルとベビーフェンスは、赤ちゃんの安全を確保するための重要なアイテムですが、それぞれに異なる特徴と利用方法があります。

① 違いと特徴

ベビーサークルは赤ちゃん専用の遊び場を作るためのアイテムで、赤ちゃんが安全に遊べる空間を限定します。 一方、ベビーフェンスは家の特定の部分を区切るのに使用され、赤ちゃんが危険なエリアに入るのを防ぎます。例えば、階段やキッチンの入り口に設置することで、赤ちゃんがこれらのエリアにアクセスするのを防ぐことができます。

② ベビーフェンスのメリット・デメリット

ベビーフェンスの主な利点は、家の特定のエリアを安全に区切ることができる点です。これにより、赤ちゃんが家の中を自由に動き回ることができ、同時に危険なエリアへのアクセスを防ぐことができます。また、ベビーフェンスは設置が比較的簡単で、必要に応じて移動や取り外しが可能です。

  1. 特定エリアの安全確保:ベビーフェンスは、赤ちゃんが危険なエリアにアクセスするのを防ぐために特定の場所に設置できます。例えば、階段、キッチン、暖炉の周りなど、赤ちゃんにとって危険な場所を安全に区切ることができます。
  2. 家全体の自由度の向上:ベビーフェンスを使用することで、赤ちゃんが家の中をより自由に動き回ることができます。これにより、赤ちゃんは探索の機会を増やし、身体的および認知的な発達を促進することができます。
  3. 親の安心感の向上:ベビーフェンスを設置することで、親は赤ちゃんが安全な範囲内で遊んでいるという安心感を持つことができます。これにより、親は家事や仕事など他の活動に集中することができます。
  4. 柔軟な設置と調整可能性:ベビーフェンスは、家の構造やニーズに合わせて柔軟に設置や調整が可能です。拡張パネルを追加することで、必要に応じてフェンスの長さを調整したり、異なる形状に設置したりすることができます。これにより、様々な家庭環境に適応することができます。

③ 適切な選択

ベビーサークルとベビーフェンスのどちらを選ぶかは、家の構造、赤ちゃんの活動範囲、親のニーズによって異なります。例えば、小さなスペースで赤ちゃんを遊ばせたい場合はベビーサークルが適しています。一方で、家全体を赤ちゃんに優しい空間にしたい場合は、ベビーフェンスが適しています。

④ 組み合わせの可能性

ベビーサークルとベビーフェンスは、組み合わせて使用することも可能です。例えば、リビングルームにベビーサークルを設置し、階段やキッチンの入り口にベビーフェンスを設置することで、赤ちゃんが安全に遊べるスペースを作りつつ、危険なエリアへのアクセスを防ぐことができます。このように、両方のアイテムを上手に組み合わせることで、赤ちゃんの安全をより効果的に確保することができます。

まとめ|赤ちゃんの安全と快適な家庭生活を実現しましょう

要素ベビーサークルベビーフェンス
目的安全な遊び場の提供特定エリアの安全確保
設置場所リビングなどの居間階段やキッチン入口
利用期間ハイハイ期〜歩行開始長期間利用可能
家庭での工夫スペースの確保危険エリアの隔離
親のストレス管理限定された遊び場家全体の安全対策

この記事では、ベビーサークルとベビーフェンスの選択肢を詳しく解説しました。ベビーサークルは赤ちゃんの安全な遊び場を提供し、ベビーフェンスは家の特定の危険エリアを安全に区切ります。家庭ごとの状況に合わせて、最適な選択をすることが大切です。また、ベビーサークルを使わない生活の実践例を通じて、赤ちゃんの安全と家庭の快適さを両立させる方法を学ぶことができます。赤ちゃんの成長に合わせた安全対策を行い、家族みんなが快適に過ごせる環境を整えましょう。

ゆとり

ゆとり

雑学大好き美容師。プライベートでは双子と末っ子の三兄弟の父。
育毛やヘアケア・子育て・暮らしの知識を中心に、日々の暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
「人生にゆとりと潤い」をテーマに生活を快適にしましょう。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事