2人目にベビーベットはいらない?|不要になったベビー用品はリサイクルへ

6 min
PR

本サイトは記事内にプロモーションを含みます。

2人目の赤ちゃんできたけど、ベビーベット使うかなぁ。

場所を取るから部屋も狭くなるんだよね。

家の中にあるベビー用品、1人目の時には気にならなかったけれど、2人目が生まれると「どう整理すればいいの?」と悩むことが増えますよね。

特に場所を取るベビーベットは部屋がせまく感じたり、使う期間も意外と短いので困りもの。

この記事では、

  • 大きなベビー用品を使うならレンタルで
  • ベビーベットを使った収納やアイディア
  • ベビーベットを使わない育児方法
  • 1人目のベビー用品の再利用と処分方法

以上のことを解説していきます。

スッキリと整理された家で、快適な育児生活を送りたいな♪

こちらの記事も参考に↓

そんなあなたの願いを叶えるヒントがここにあります。さあ、2人目育児の新しいスタートを切りましょう!

2人目の赤ちゃんにベビーベッドは必要か

1人目の子がまだ小さい場合、まだ自宅にベビーベットが残っていることも多く、そのまま使うことができます。

しかし、2人目でベビーベットを使うならば、スペースがせまくなることは避けられません。

① 2人目にベビーベッドは必要

2人目の子供に、ベビーベッドは本当に必要なのでしょうか?

上の子がまだベビーベッドを使用している場合、新しいベビーベッドが必要になることも。

また、赤ちゃんと上の子を別々に寝かせたい場合も、ベビーベッドが役立ちます。

しかし、すべての家庭でベビーベッドを新たに購入することができるわけではありません。多くの場合、スペースや家の構造的に考えなくてはいけません。

② 兄弟の年齢差とベビーベッド

兄弟の年齢差は、ベビーベッドの必要性を考える上で重要な要素です。

例えば、年子の場合では、1人目の子がまだベビーベッドを使っている可能性があります。

このタイミングで上の子をベビーベッドから卒業させて、親と一緒に寝るか、別の睡眠場所を作ることになる可能性が高く、下の子はベビーベッドを再利用できるかもしれません。

年齢差に応じて、ベビーベッドの必要性を見極めることが大切です。

③ 2人目の子の睡眠環境

2人目の赤ちゃんの睡眠環境を工夫することは、ベビーベッドの有無に関わらず最重要ポイントです。

ベビーベッドがない場合は、赤ちゃんが安全に寝られるように床にマットレスを敷くなどの対策が考えられます。

また、部屋のレイアウトを工夫したり、赤ちゃんと上の子がお互いに干渉しないようにすることも大切です。

ベビーサークルで赤ちゃんの周りを囲ったり、赤ちゃんの安全と快適な睡眠環境を確保するために、さまざまな工夫をすることが求められます。

④ スペース節約術

兄弟育児では、限られたスペースを有効に使うことが重要です。

ベビーベッドを置くスペースがない場合は、折りたたみ式のベビーベッドやベビーサークル。赤ちゃんが使わなくなったら返せるようにレンタルで借りることも方法も。

また、壁面収納や高さを活用した収納方法を取り入れることで、部屋を広く使うことができます。スペースを有効に活用するための工夫は、快適な兄弟育児には欠かせません。

⑤ ベビーベッドの再利用アイデア

ベビーベッドの再利用は、コスト削減と環境に優しい選択です。例えば、ベビーベッドをプレイエリアとして再利用することで、赤ちゃんが安全に遊べるスペースを作ることができます。

また、ベビーベッドを収納スペースとして活用したり、邪魔にならなければおむつ台として利用することも可能です。

ベビーベッドをただ眠る場所としてだけでなく、さまざまな活躍の場を作ることで、その価値を最大限に引き出すことができます。

ベビーベッドの選び方と活用法

昨今のベビーベッドは、赤ちゃんの安全な睡眠空間を提供するためにさまざまな機能や形をしています。

購入やレンタル、固定か折りたたみかなど、適切なベビーベッドを選ぶことで、赤ちゃんと家族の快適さと安全性に直結します。

① ベビーベッド選びのポイント

ベビーベッドを選ぶ際のポイントは、安全性、サイズ、機能性です。

安全性は最も重要で、ベッドの強度や材質、安全基準を満たしているかを確認する必要があります。

サイズについては、赤ちゃんの成長に合わせて長く使えるものを選ぶと良いでしょう。また、折りたたみ式や高さ調節ができるなど、機能性に優れたベビーベッドは使い勝手が良く、長期間にわたって活用できます。

② 兄弟育児の安全性

兄弟育児では、ベビーベッドの安全性が特に重要です。

上の子がベビーベッドに近づいたとき、年齢差がないあまりない年子などでは、安全性を考慮する必要があります。

丈夫な構造のベビーベッドを選ぶ、ベッドの周りに柵を設置するなどの対策が考えられます。また、ベビーベッドの位置を工夫することで、上の子が赤ちゃんに触れるリスクを減らすことができます。

③ ベビーベッドの多機能性

ベビーベッドの多機能性は、使い勝手を良くするために重要な要素です。

多機能なベビーベッドは、赤ちゃんの成長に合わせて様々な用途に使えます。

例えば、高さ調節が可能なベビーベッドは、赤ちゃんが大きくなったときにも使い続けることができます。また、収納スペースが付いているベビーベッドでは、おむつや着替えなどの必需品をすぐに手に取れるため便利です。

中に虫やペットが入り込まないように、蚊帳付きなどのタイプもあります。

④ ベビーベットを賢く使うならレンタルがオススメ

ベビーベッドはどうしても場所を取ります。2人目の赤ちゃんができるまで、1人目の赤ちゃんが大きくなってからも保管している方も少なくないと思います。

ベビーベットは分解したとしても、割と収納の場所を占領しちゃうので、リサイクルショップに売るのも1つの手。

効率的に考えると、使う期間だけレンタルするのもオススメです。

うちの子は、あまりベビーベットでは寝ませんでした。

圧迫感があるのか、早くにイヤイヤしてましたよ。

ベビーベッドを使わないなら安全確保

ベビーベッドがない場合、赤ちゃんの安全確保が快適な睡眠環境をつくる最重要ポイントに。

① 睡眠環境の整え方

ベビーベッドがない場合、フローリングや畳の上に赤ちゃん用の布団を敷くことが一般的。

その際、赤ちゃんが転がっても大丈夫なように工夫が必要です。

  • 周囲に柔らかいクッションを置く(呼吸ができるように沈まないぐらいの厚さ)
  • ベビーサークルで布団まわりを囲う
  • 大人のベッドで一緒に寝る場合、赤ちゃんが落ちないようにベッドガードを設置する。
  • 赤ちゃん専用の部屋を作る

② 赤ちゃんとの生活スペースの作り方

赤ちゃんがいる生活スペースの作り方も、ベビーベッドなしの育児では重要です。

リビングなどの共有スペースに赤ちゃんのための安全なエリアを作ることが大切です。

プレイマットやベビーサークルを設置して、上の子とは別のスペースで、赤ちゃんが安全に遊べるスペースを確保しましょう。

年が離れている兄弟の場合、いっそ上の子をベビーサークルで囲って、赤ちゃんが手を出せない空間にしてしまうのも効果的。

③ ベビーベットなしの、メリットとデメリット

ベビーベッドなしでの育児には、メリットとデメリットがあります。

メリットとしては、スペースの節約やコスト削減が挙げられます。 一方で、デメリットは赤ちゃんの安全確保により多くの注意が必要になることがあります。危険な場所に赤ちゃんが行ってしまう、触ってしまうリスクがどうしても多くなります。

また、夜間の授乳やおむつ替えが大人のベッドで行う場合、親の睡眠の質が低下する可能性も。

SNSの反応

ベビーベットは使う期間がわりと短いので、使うならレンタル派が多く見られました。

いる派・いらない派自体は半々くらいの結果のアンケートを出しているアカウントもありました。

2人目育児のためのベビーグッズ整理術

2人目の育児では、家の中にある1人目のときのベビーグッズの整理が大切です。

1人目のときに使ったグッズがまだ家にある場合、効率的に整理することで、2人目で忙しくなる育児生活も、スムーズに日々を過ごすことができることでしょう。

① 不要なグッズの処分方法

不要になったベビーグッズは、安全性と衛生面を考えて、スペースを有効に使うためにも処分を考えましょう。処分方法として、

  • リサイクルショップへの売却、
  • フリーマーケット
  • オンラインでの販売、
  • 保育園、児童館などの施設に寄付

特にオモチャはどんどん溜まるので、不要と感じたものは、子供の反応を見つつ処分しましょう。

特に小さいオモチャ、柄の長いものは、赤ちゃんにとって危ないので注意してくださいね。

② ベビーグッズの再利用

ベビーベッドをプレイエリアや収納スペースとして活用したり、絵本やおもちゃは、状態が良ければ2人目の子供にそのまま使うことができます。

再利用することで、新たに購入するコストを抑えることができます。

服もおさがりとして定番ですが、ミルク汚れなどで汚れが残りやすい新生児期の服などは、衛生的にも処分しましょう。

③ 収納アイデア

効率的な収納方法を考えることは、限られたスペースを最大限に活用するために重要です。例えば、壁面収納や吊り下げ式の収納を利用することで、床面スペースを空けることができます。

また、使わない季節の服は圧縮袋に入れて保管すると、場所を取らずに済みます。収納グッズを上手に使って、スペースを有効活用しましょう。

④ 必需品リストを作ろう

2人目の育児に必要なものをリストアップすることは、無駄な出費を防ぐために役立ちます。

必需品リストを作る際は、1人目の育児で実際に使ったものを振り返り、何が本当に必要だったかを考えます。

また、友人や家族からのお下がりを活用することも考えましょう。

1人目のときは、いろいろと分からず買いがちな人が多いです。

我が家は液体消毒よりもレンジ消毒の方が、哺乳瓶消毒で役立ちました。

まとめ|ベビー用品は効率的に考えて、いらないものはレンタルか処分

2人目の育児では、ベビーベットをはじめとしたベビー用品の再利用とスペースの在り方を解説しました。

不要になったグッズの処分方法を考え、限りあるスペースを有効に使いましょう。

再利用可能なアイテムを見極め、必需品リストを作成し、本当に必要なものだけを選んで購入することが重要です。これらの整理術を活用することで、忙しい育児の中でもスムーズに日々を過ごし、より快適な育児生活を送ることができるでしょう。

整理術内容
不要グッズの処分リサイクル、寄付、オンライン販売など
ベビーグッズの再利用プレイエリアや収納スペースとして活用
収納アイデア壁面収納、吊り下げ式収納、圧縮袋など
必需品リスト作成本当に必要なものだけを選んで購入

ベビーベットをはじめとしたベビー用品をうまく使う再利用、購入することで、2人目の育児を快適に進めることができます。

ゆとり

ゆとり

雑学大好き美容師。プライベートでは双子と末っ子の三兄弟の父。
育毛やヘアケア・子育て・暮らしの知識を中心に、日々の暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
「人生にゆとりと潤い」をテーマに生活を快適にしましょう。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事