お年玉やおこづかいを電子マネーで渡す!子供のマネーリテラシーを育てよう

8 min
PR

本サイトは記事内にプロモーションを含みます。

お金について学ぶには、大人も子供も正しい知識が必要です。

今ではお金の使い方は現金、クレジットカード意外にも様々な電子マネーが増えました。

子供に正しいお金の価値と使い方を学んでもらうため、キャッシュレスの上手い使い方を学んでもらいましょう。

お年玉とおこづかいのキャッシュレス化

お年玉やおこづかいのキャッシュレス化について、賛否両論が見られますが、近年では賛成する声が増えています。

特にコロナ禍を経て、非接触・衛生面でのメリットが認識され、キャッシュレスへの関心が高まっており、親の過半数がキャッシュレスに賛成しており、その理由として「便利だから」という意見が多く挙げられています。

しかし、一方で「お金の価値を実感しにくい」という懸念もあり、伝統的な現金でのお年玉を好む親も少なくありません。

① キャッシュレス化と子供のマネーリテラシー

キャッシュレス化の進むにつれ、親たちは子どもたちの金銭教育に新たなアプローチを求められています。

デジタルマネーの管理や使い方を教えることが、これからの子どもたちにとって重要なスキルになってきているのです。

キャッシュレスでお年玉、おこづかいを扱うことで、子どもたちのお金の使い方や貯金の習慣にも変化が見られるようになるでしょう。

キャッシュレス化の流れは大人の間では徐々に受け入れられつつありますが、その一方で「お金の価値」を残すために「現金」で渡すことの意識も根強く残っています。

キャッシュレスによるお年玉とおこづかいは徐々に普及していくと考えられますが、完全な移行にはまだ時間がかかるでしょう。実際、まだまだ日本では現金を使う場面が多いので、電子マネーと現金両方の使い方を学ぶことが大事になると思います。

お金の上手な使い方を学ぶためにも、電子マネーと現金の使い方を親子でしっかり学びましょう。

それぞれのメリットを活かすことでお金との付き合い方、考え方が変わりますよ。

② 電子マネーのメリット・デメリット

電子マネーのメリットには、便利さや安全性、管理の容易さが挙げられます。

特にお年玉としての利用を考えた場合、現金を用意する手間が省ける点は大きな利点です。年末年始は忙しい時期であり、現金を用意するのが面倒な場合も多いですが、電子マネーならばオンラインで簡単に送金できます。

また、電子マネーは紛失や盗難のリスクが低く、安全性が高いという特徴があります。

子どもたちが大量の現金を持ち歩くことのリスクを考えると、電子マネーは安心して使える選択肢となります。さらに、使用履歴が記録されるため、親が子どもの消費行動を把握しやすく、金銭教育の面でも有効です。

さらに電子マネーを使うことで、子どもたちは現代の決済方法に慣れることができます。キャッシュレス決済が日常化している現代社会において、これは重要なスキルとなります。また、電子マネーなら数字に残るので、貯金や予算管理の基本を学ぶ良い機会にもなります。

ただし、電子マネーの利用には、子どもがお金の実態を理解しにくくなるというデメリットもあります。

現金の感覚が薄れることで、金銭感覚が鈍る可能性も考えなければいけません。そのためには電子マネーの利用を通じて、適切な金銭教育を行うことが重要です。

③ 親子で使いやすい電子マネー

電子マネーは送金の手軽さや、利用履歴の確認が簡単な点が魅力。

親子で管理して使うという点で、3つのアプリがオススメ!

交通系のSuicaカードも子どもにオススメだよ!

スマートフォン上で簡単に送金や残高確認ができます。これらのアプリは多くの店舗で利用できるため、子どもたちが実際に商品を購入する際にも便利です。

また、交通系カードも子供に使わせるのに便利です。スマートフォンでも使えますが、送金が現金か設定したクレジットカードのみになるので、手間が他よりかかってします。

LINE Pay

LINEでは友だちになっていなくても、電話番号かメールアドレスが分かるなら送金できます。多くの人が使うLINEでの送金なら、子ども自身も使いやすく、アプリの扱いも簡単です。

  1. 送金したい友だちとのトークを選択し、メッセージ入力横の「+」ボタン 、「送金」をタップ
  2. 「送金する」をタップ
  3. 送金金額を入力し「次へ」をタップ
  4. 相手に送る画像を選択し「送金・送付」をタップ

LINE Payでは、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、PayPay銀行、じぶん銀行、横浜銀行など(60行以上)に手数料220円で出金可能。

LINE Payは2025年4月30日までに、サービスが順次終了となります。

PayPay

スマホを使った送金の90%以上がこのPayPayを使って行われています。※2022年度PayPayのプレスリリースより)

  1. ホーム画面の「送る」をタップ
  2. 「送る・受け取る」画面の「送る」をタップ
  3. [ポチ袋を送る]をタップ
  4. 金額を入力
  5. パスコードを設定する
  6. [●●●円のリンクを作成する]をタップ
  7. SNSを選択して送る

48時間以内に受け取らないとリンクの有効期限が過ぎてしまうので、その場で子どもと確認しましょう。

出金できるのはPayPay残高の中でも、本人確認後に銀行口座、セブン銀行ATM、ヤフオクの売上金からチャージした「PayPayマネー」のみ対象になります。

出金はPayPay銀行なら手数料なし。他銀行では手数料がすべて100円で出金可能です

楽天Pay

楽天カードの力もあって、楽天ペイアプリの利用者は多く、チャージした楽天キャッシュは楽天市場でも使えるので使い道には困ること場面は少ないです。

  1. ホーム画面のR Cash「チャージ・送る」をタップ
  2. 「楽天キャッシュを送る」をタップ
  3. 送り先一覧で相手を選択
  4. 金額とメッセージを入力
  5. 「確認へ」をタップ

楽天Payの場合、「楽天キャッシュ」という(楽天が提供するチャージ型電子マネー)を送金できます。楽天キャッシュ【プレミアム型】のみ出金可能。※【普通型はできません】

SuicaやPASMOなどの交通系カードもオススメ

SuicaやPASMOなどの交通系カード、Vプリカなどのギフトカードは、特定の店舗やオンラインショッピングで使用できるため、子どもたちにとって使い勝手が良いカードです。

事前にチャージしておくことで、使いすぎを防ぐことができるため、金銭管理の練習にもなります。

現金チャージか事前登録のクレジットカードでのみチャージになるため、他の送手段がありません。また、一度チャージすると現金化することもできません。

電子マネーは、その使いやすさや安全性、親子での管理のしやすさによって決まります。キャッシュレス化が進む中、親たちは子どもが普段使用する地域と店舗に適した電子マネーを選ぶことが重要です。

④ キャッシュレスお年玉の普及率

キャッシュレスお年玉の普及率は、まだ全体の中で少数派ですが、徐々に増加傾向にあります。

キャッシュレスお年玉の普及には、いくつかの要因が影響しています。親世代のキャッシュレス決済への慣れが進んでいることが挙げられ、またコロナ禍での非接触・衛生面への意識の高まりも、キャッシュレス化を後押ししています。

しかし、伝統的な現金でのお年玉に対する愛着や、キャッシュレス決済の導入に対する不安も、普及率の低さの一因です。特にお金の実態を感じることができる現金のお年玉は、子どもたちにとって特別な体験となるため、完全にキャッシュレス化に移行するには、さらなる時間と理解が必要でしょう。

今後、キャッシュレスお年玉の普及率は徐々に上昇していくと予想されますが、その過程で親子間のコミュニケーションや金銭教育のあり方にも変化が生まれるのではないでしょうか。

⑤ おこづかいのキャッシュレス化への懸念

キャッシュレス化への懸念として、「お金の実態を理解しにくくなる」ことや「衝動買いのリスク」が挙げられます。

特に子どもたちにとって、現金と比べて電子マネーは抽象的で、お金の価値を実感しにくいという問題があります。これにより、当たり前に身に付くはずの金銭感覚が鈍る恐れがあり、この点に懸念を抱く人は少なくないでしょう。

また、キャッシュレス決済は、使い過ぎや衝動買いを促進する可能性があります。

現金の場合、物理的にお金が減るのを目にすることで、消費を自然と抑制する効果がありますが、電子マネーではその感覚が薄れがちです。子どもたちが無計画にお金を使いすぎることを防ぐためには、適切な金銭教育が必要です。

財布の中身と同様なものとして、アプリによる残高のチェックがあります。子どもが管理できるようになるまで、残高を親子で確認してコミュニケーションを取りましょう。

電子マネーの使用履歴を一緒に確認しながら、支出の管理や予算立ての重要性を教えることができます。

お金に関して積極的にコミュニケーションを取ることで、親子で正しいマネーリテラシーを学ぶことができます。お金に関しては何となくではなく、しっかりと管理する習慣を身に付けさせましょう。

そのためには、親自身がキャッシュレス決済について正しく理解し、その知識を子どもたちに伝えることが大切です。

子どもへの金融教育と電子マネーのお年玉

① マネーリテラシーの重要性

子どもへの金融教育は、現代社会で生き抜くための基本的なスキルを育む上で非常に重要です。金融教育を通じて、子どもたちはお金の価値や管理方法を学び、将来的に自立した大人になるための基礎を築きます。 この教育は、単にお金の計算を教えるだけでなく、貯蓄の重要性、支出の計画性、そして投資やリスク管理についての理解を深めることを含みます。

現代の子どもたちは、キャッシュレス決済やデジタル通貨など、多様な決済手段に囲まれて育っています。これらの新しい金融ツールを理解し、賢く使いこなす能力は、今後ますます重要になってくるでしょう。金融教育は、これらのツールを安全に、かつ効果的に使用するためのガイドラインを提供します。

また、金融教育は子どもたちに、お金に対する健全な態度を育む機会を提供します。お金に対する正しい理解と尊重を持つことは、無駄遣いを防ぎ、将来的な経済的自立へとつながります。このように、金融教育は子どもたちの将来の生活において、非常に大きな影響を与えるのです。

お年玉お金との付き合い方を学べるチャンス

お年玉は、子どもたちにとって初めて触れる金融の機会の一つです。お年玉を通じて、子どもたちはお金の管理や使い方について学ぶ貴重な経験をします。

電子マネーの形でお年玉を与えることは、子どもたちは現金だけでなく、デジタル決済の世界にも触れることができます。電子マネーを使うことで、子どもたちはオンラインでの支出管理や、デジタル資産の概念について学ぶことができます。

しかし、電子マネーを使ったお年玉には、現金と比べてお金の実態をわかりにくいという側面も。

親は子どもたちに、電子マネーの背後にある価値や意味を説明することが重要です。お年玉を通じて、子どもたちにお金の基本を教えることは、子どもたちの将来の金銭管理能力を形成する上で重要な役割を果たします。

③ 大事なお金の教育

金融教育における教育的アプローチは、子どもたちの年齢や理解度に合わせて柔軟に行う必要があります。特に電子マネーを使ったお年玉は、子どもたちに現代の金融システムを理解させる絶好のチャンス。

親は子どもたちに電子マネーの使い方を教え、支出のバランスを示すことができます。これにより、子どもたちはお金の流れを視覚的に捉え、支出管理の基本を学ぶことができます。

例えば、お年玉で何を買うか。なぜ貯蓄が大切なのかといった話題は、子どもたちの考える力を刺激し、金融に対する興味を深めるきっかけになります。このような話を通じて、子どもたちはお金に関する知識を深めると同時に、お金の使い方を理性的に考えることができるようになります。

このような実践的な経験は、理論的な学習よりも効果的な場合が多く、失敗しても学べることがたくさんあります。

子どもたちがお年玉を無駄遣いしてしまった場合でも、それを教訓として次に活かす方法を一緒に考えることができます。このような経験は、将来の金銭管理をするための基盤を築くのに役立ちます。

子どもの電子マネーの管理と注意点

① 安全な管理方法

子どもの電子マネーの安全な管理方法は非常に重要。

はじめのうちは子どもが使用する電子マネーのアカウントは、親が管理することが望ましいと思います。

電子マネーは現金と違い、お金が減ったことが実感しづらいので無駄遣いをしがち。オートチャージ機能はオフに設定し、子どもが自分で管理できる範囲内の金額をチャージすること、または使用限度額の設定をかけるなどが大事です。

使う前後に電子マネーの残高をチェックする習慣を身に付けさせましょう。

子どもの電子マネー利用状況は定期的にチェックし、どのようにお金が使われているかを、定期的に親子で話し合うことも大切です。そうすることで、子どもはお金の使い方について学び、責任感を持って管理することができます。

また、パスワードやセキュリティ設定を強化し、子どものアカウントが外部からの不正アクセスに対して保護されていることを確認することも重要です。

② 金額の決め方

電子マネーでおこづかいやお年玉の金額を決める際には、適切な金額を決定することが大切です。

例えば、小さな子どもには少額を。中高生の子どもにはやや多めの金額を設定することが一般的ですが、お年玉を教育的な目的で使用する場合、子どもが自分で管理しやすい金額を選ぶことが重要です。

金額を決める際、お年玉の場合では子どもの意見を聞き、その使い道について話し合うことで、子どもの金銭感覚を育てることができます。

あるお宅では、お年玉を1年間のおこづかいとして子供にすべて与えるそう。

この場合、現金と電子マネーをどう配分するかがポイントに。電子マネーによっては出金できないので、慎重に決めなければいけません。

子どもにお金の管理を学ばせるよい機会だね。

電子マネーを出金できるタイプの場合、すべて与えて貯金のイメージを持たせることもアリだと思います。

子どもの年齢に合わせて、親子で話し合って決めてください。

③ リスクと対策

電子マネーにはいくつかのリスクが伴います。

子どもがオンラインでの支出をコントロールできないことです。

大人でもままありますが、オンライン上では財布のひもがゆるみがちになりやすいモノ。

一定の使用限度額を設定したり、子どもに送金するのを数回に分けるのも効果的。子どもが自分の支出を管理できるようにすることがポイントになります。

また、不正利用や詐欺のリスクに対しては、セキュリティ対策を強化し、子どもにインターネットの安全な使用方法を教えることも重要です。

さらに、電子マネーの使用によって、子どもが現金の価値を理解しにくくなる可能性があります。この問題に対処するためには、親が子どもにお金の価値や管理の重要性について教えることが必要です。また、現金と電子マネーの両方を使うことで、子どもにさまざまな支払い方法の理解を深めさせることも有効です。

まとめ|お金の価値と管理の仕方を身に付けよう

電子マネーは子どもたちに金銭管理の基本を教えるとともに、デジタル時代に適応するための重要なスキルを育てます。

おこづかいやお年玉の一部を電子マネーにすることで、現金の価値が薄まらないようにしつつ、貯金の仕方や目的に合わせてためて使わせるなど、色々な用途を親子で実践してみましょう。

電子マネーは数字が目に見えて分かる点から、子供にとっててごろで身近な貯金ツールとして使うことができます。

はじめは親が安全な管理方法を実践しつつ、現金と電子マネーの使い分けや使用限度額の設定を行うなど、お金との付き合い方を、子どもとしっかりコミュニケーションを取りましょう。

お金について学びたい場合は、ブログやメディアで情報収集することが重要です。

お金の使い方・不動産・資産運用などは「生きてる情報が命!」


少しでも興味がある方は、株式会社了が運営する不動産WEB相談室の以下記事を参考にしてみてください。

必見!不動産や資産運用を学ぶのにおすすめのブログ・メディアまとめ

不動産や株式投資を学ぶために、よりリアルな情報を求めている方にとっては役立つ内容となっています。

ゆとり

ゆとり

雑学大好き美容師。双子と末っ子の3兄弟の父。
育毛・薄毛ケア・子育て・暮らしの知識を中心に、日々の暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
「人生にゆとりと潤い」をテーマに生活を快適にしましょう。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

1 件のコメント