遊んで学べるマイクラ。オンラインゲームの習い事は子供の様々な能力を高める

10 min
PR

本サイトは記事内にプロモーションを含みます。

ゲームをして勉強になったことってない?

あるある!

三国志にくわしくなったり、漢字が得意になったり♪

ゲームは進化し続けることで、特に子供たちにとって、ゲームはただの遊びではなくなっています。

「脳トレ」や「パズルゲーム」をはじめ、昔から勉強に繋がるゲームはあります。今はゲームも進化を続けることで、オンラインゲームが一般化しました。

子供たちに人気のオンラインゲームとして有名なものでは、

「マインクラフト」「フォートナイト」「スプラトゥーン」などがあります。

これらのゲームをうまく使うことで、子供たちの成長につなげることができます。

これからのデジタル社会では必須のネットリテラシーやコミュニケーション能力。小学生で学ぶようになるプログラミング能力など、子供に必要になる知識がいっぱい詰まっています。

でも、ゲームで遊び過ぎて勉強にならないんじゃ?

ゲームに依存しすぎたり、長時間しなければ大丈夫!

むしろデジタルとの付き合い方を、ゲームを利用して教える方が依存度が減るよ!

この記事では、これらを中心に解説していきます。

  • ゲームが子供の認知能力、思考能力、そしてデジタル学習ツールとしての利用留守事で得られる可能性
  • ゲームは今やデジタル社会の必須ツールとなりつつあり、ゲームを適切に利用することで、子供の知識とスキルを向上
  • ゲームを教育にどのように取り入れるべきか
  • eスポーツやオンラインゲームを通じて子供が成長

かんたんに英語になじませるならこちらの記事も参考にどうぞ。

目次

ゲームはこれからの教育に必要

ゲームはこれからの教育に必要です。教育の形は時代とともに変わり、今やゲームが重要な役割を果たしています。

① ゲームによる子供の成長はバカにできない

ゲームが子供の成長に与える影響は、多くの研究で明らかにされています。

ゲームは子供の創造力や問題解決能力を高めることができます。

例えば、パズルゲームは論理的思考を鍛え、アドベンチャーゲームは物語を追いながら集中力を高めるのに役立ちます。

しかし、ゲームのやりすぎは学力低下や社会性の欠如につながることも。親は子供のゲームの使用を適切に管理し、バランスの取れた生活を守りましょう。

② 子供のプログラミングへの理解が深まる

子供がプログラミングに興味を持つきっかけとして、ゲームは非常に有効。

プログラミングを学ぶゲームは、子供たちに基本的なコーディング(プログラミング言語を使ってソースコードを書く作業のこと)の概念を楽しく教えることができます。

子供たちに人気のオンラインゲーム「マインクラフト」では、レッドストーン回路という、さまざまなモノを自動化できる特別な仕組みがあります。ただしイメージ通りに使うには「何がどのように影響し合うか」を予測・計算する必要があり、試行錯誤を繰り返すこととなるでしょう。

この試行錯誤から、子供たちはコンピュータの仕組みや論理的思考を自然に学ぶことができます。また、ゲームを通じてプログラミングの基礎を学ぶことで、将来的にテクノロジー分野でのキャリアに興味を持つ可能性も高まります。

③ 問題解決能力が高まる

ゲームは子供たちに複雑な問題を自分で考え、解決する機会を与えてくれ、特に戦略的な思考や計画を必要とするゲームでは、子供たちの問題解決能力をきたえることに役立ってくれます。

問題解決能力が高まると、普段の生活でいろいろと工夫したり。新しいことへ挑戦したときも、すぐにあきらめたりせずに試行錯誤を繰り返すことで、解決しようとする集中力にも繋がっていきます。

目標を達成するために必要なステップを考え、それを実行する能力は、これからの子供の成長に多大な影響を与えるので、ぜひ身に付けてほしい能力ですね。

④ コミュニケーション能力が高まる

多くのオンラインゲームは、他のプレイヤーとの協力や競争が必要です。

これにより、子供たちはコミュニケーション能力を自然に磨くことができます。オンラインゲームでは、チームワークやリーダーシップのスキルが特に重要で、子供たちは自然と目標を達成するために、効果的なコミュニケーションや交渉の技術を学べます。

しかし、ネットリテラシーがない人も多く、ネットでは思わぬ暴言や行動が多い人も少なからずいます。子供がゲームしている時に一緒にいたり、相談を受けたり、親子の話題にするなど、そういった人から子供のこころを守りましょう。

⑤ ネットリテラシーが身に付く

デジタル時代において、ネットリテラシーは非常に重要です。先ほどのコミュニケーション能力の話でも言いましたが、ネット上にはモラルが低い人が少なからず存在します。

そういった人を反面教師にしながら、ゲームを通じて、子供たちはインターネットの安全な使用方法を学ぶことが大切です。

守るべきネットリテラシーとして、

  • ネットの情報を信じすぎない(確認する)
  • 自分の個人情報をさらす(入力も含む)
  • 他人の情報を公開(写真、学校名、住所など)
  • アプリやソフトを安易にダウンロードしない
  • SNSの適切な使い方を覚える(顔出ししない、など)

TwitterやInstagram等のSNSサイトでは個人の名前や住所、顔、行動範囲が知られてしまうような投稿を気軽にする子が増えています

SNSへの投稿がきっかけで大きなトラブルに巻き込まれるケースは後を絶ちません。

さらに匿名で使用できるSNSだからこそ、攻撃性が高い人も大勢います。

過去の投稿をさかのぼって個人が特定されたり、SNSで知り合った人と実際に会うことで事件に巻き込まれたりします。

SNSは常にトラブルと隣り合わせという認識を持ち、「個人情報はできるだけ出さない」「閲覧制限をかける」など、対策を親子でしていきましょう。

ゲームを使って身に付く知識とスキル

ゲームを使って身に付く知識とスキルは、楽しみながら学ぶことができます。いまやゲームはただの娯楽ではなく、有益な学習ツールとしても活躍しています。

① プログラミング思考と基礎

ゲーム「マインクラフト」では、プログラミングの基礎とスキルを学ぶことができます。

  • 「論理的思考力」
  • 「問題解決能力」
  • 「トライ&エラーの精神」
  • 「創造力」

マインクラフトではレッドストーン回路を利用した自動装置をいろいろ作れます。

このブロックではコンピューターの論理回路「AND回路」「OR回路」 「NOT回路」が学べるようになっているんです。

この回路を使えば、自動ドアやレンジなどを作ることが可能に。他にもエレベーターやベルトコンベアなども作れます。

回路の動きを考えることで、自然と論理的思考力が身につくことでしょう。

イメージ通りに回路を使うには「何がどのように影響し合うか」を考え、試行錯誤を繰り返すことで自然とトライ&エラーを行うことが当たり前に感じるようになるでしょう。

さらにアクシデントを解決する方法を自ら調べたり。調べて出てきた方法を実践したりして、問題解決能力が身につきます。

実際にプログラミング教室や、さまざまな教育機関ではプログラミング学習にマインクラフトを活用するケースが増えています。

教育機関向けに「教育版」のマインクラフト(Minecraft Education)も提供されており、こちらは一般向けよりも難易度が高く設定されています。

マインクラフトはPC版、プレイステーション版などもあるので、ご自宅のゲーム環境にあわせて選べます。まずは無料版で遊んでみるのもいいですね。

② 勉強に役立つゲーム選び

勉強に役立つゲームは、子供の学習に大きな影響を与えます。

教育的なゲームやアプリは、実際の国語や算数などの学習に合わせて設計されていて、子供たちが楽しみながら学ぶことができます。

他には、子供の興味や学習ニーズに合わせて適切なゲームのジャンルを選ぶことで、子供たちの学習に大きなプラスをもたらすことができます。

  • クイズ形式のゲームやアプリ
  • 実際の登場人物や背景を使った歴史ゲーム
  • ノベルゲームやRPGで、漢字やストーリーを読み解く読解力
  • 実際の地図を使ったすごろくゲーム

実際にどんなゲームがオススメか、一例をご紹介していきます。

幼稚園の年中から、小学校6年生ごろまで楽しめる

任天堂Switchのゲームで、ドラかずとドラえいご、ドラちえとドラもじの4つの学習ソフトが本パッケージ1つで楽しめる。

算数・漢字・英語、知恵の4つのテーマがあり、シューティング・クイズ・パズルなど、さまざまな遊びながら学べます。

楽しく子供の考える力を伸ばせる

問題を解いて敵ロボットを倒しながら、ドラえもんたちと一緒に思考力トレーニングできるゲームです。

150か国のべ200万人の子どもが学んだ、思考力が育つアプリ、シンクシンクの問題が採用され、子供の思考力を高めます。

地理や名産、お金の使い方をすごろく形式で学べるゲームの定番!

30年以上歴史をもつ、すごろくゲームの定番。

日本各地の駅や名産を学べます。また歴史の人物など登場して、子供達の歴史の勉強になったり日本地図が分かったりで楽しく覚えられます。

小学生の高学年や中学生になると、名産以外にも半導体工場、コンビナート、造船場などの各地方の特長などが分かるようになるので、何歳からでも楽しめるゲームです。

家族でも楽しめるのでオススメですよ。「世界バージョン」あるので、お好きな方を楽しめます。

③ ゲームの教育的側面

ゲームは子供たちに新しい知識を提供し、学習に対する興味を引き出すことができます。

例えば、歴史的な背景を持つゲームは、子供たちに歴史の知識を楽しく学ばせることができます。また、言語学習ゲームは、新しい言語の基礎を教えるのに役立つでしょう。

ゲームを通じて、子供たちは学校で学ぶ以上に、さまざまな知識を実践的に理解することができます。特に子供が好きになったものはゲームに限らず、知識やスキルの吸収は目覚ましいものがあります。

子供の興味を引きだすのに、ゲームをきっかけにすることも1つの選択だと思います。

好きなモノの吸収が早いのは大人も同じ!

韓流が好きで、韓国語を覚えた人も少なくないのでは?

④ オンラインで学ぶコミュニケーション能力

オンラインゲームは、他のプレイヤーとの交流を通じて社会性やコミュニケーション能力を養うことができます。

複数人でマルチプレイし、他のプレイヤーと交流しながら遊んだり、オンライン上でルールを作ってそのゲーム内でストーリーを繰り広げることができるんです。

将来、コミュニケーションスキルは必須ですよね。

マルチプレイならゲームのルールを守ることを学んだり、基本的なネットリテラシーを学ぶ場としても活用できるでしょう。

SNSやチャットツールなど、これからはどんどん当たり前になっていきます。早いうちに慣れておくと、いろいろな人と積極的にコミュニケーションが取れるようになれるでしょう。

ゲームのジャンルによって変わる身に付く力

ゲームのジャンルによって、子供たちが身に付けることができる力は異なります。各ジャンルのゲームは、特定のスキルや知識を養うのに適しています。

① ノベルゲーム:国語、漢字、文章による表現力

ノベルゲームは、国語力や漢字の知識、文章による表現力を養うのに適しています。

物語を読み進めることで語彙力を高め、漢字の理解を深めます。また、物語の中で選択を行うことで、文章による表現力や批判的思考能力を養うことができます。

② 歴史系のゲーム:人物・宗教・歴史の背景を学ぶ

歴史系のゲームは、世界史や日本史の知識を楽しく学ぶのに役立ちます。

歴史的な出来事や人物をゲームの中で再現し、子供たちに歴史に対する興味を引きます。ただし、ゲームによっては歴史的事実にアレンジが加えられることもあるため、親はその点を理解し、適切な指導を行うことが大切です。

最近では人だけではなく、「刀剣」「船」「国」「神話」「宗教などさまざまなものをモチーフにアレンジされているものも。楽しく学べる反面、正しい歴史を教えてあげてください。

③ パズル・音楽ゲーム:感覚的センス

パズルや音楽ゲームは、感覚的なセンスを養えます。

パズルゲームは、論理的思考や問題解決能力を高めるのに役立ちます。

音楽ゲームは、リズム感や音楽的なセンスを養うことができます。

これらのゲームは、子供たちの創造力や直感的なセンスを刺激してくれるでしょう。

④ 創造・育成ゲーム:創造力・問題解決能力・プログラミング能力

創造・育成ゲームは、子供たちの創造力、問題解決能力、そしてプログラミング能力を高めるのに役立ちます。

マインクラフトのようなゲームは、子供たちに無限の創造の自由を与え、自分だけの世界を作り上げることができます。これにより、子供たちは自分のアイデアを形にする力を養い、複雑な問題に対する解決策を考える能力も高まります。

また、プログラミング要素を含むゲームは、将来的なテクノロジー分野への関心を育てます。

⑤アドベンチャー・RPG:分析力、問題解決能力、予測力

アドベンチャーゲームやRPG(ロールプレイングゲーム)は、プレイヤーに分析力、問題解決能力、予測力を養います。

これらのゲームでは、プレイヤーは様々な状況を分析し、最適な行動を選択する必要があります。また、物語の展開を予測し、それに応じて戦略を立てることが求められます。これらのプロセスは、子供たちの批判的思考能力を高め、現実世界での問題解決にも役立ちます。

⑥ゲーム全般:マルチタスク能力、空間認知能力、集中力、脳の活性化

ゲーム全般に言えるのは、マルチタスク能力、空間認知能力、集中力、脳の活性化など、多くの育成効果があります。

ゲームをプレイする際には、同時に複数のタスクを処理する必要があり、これがマルチタスク能力を養います。また、3Dゲームなどは空間認知能力を高めるのに役立ちます。集中力と脳の活性化も、ゲームの重要な育成効果の一つです。

ただし!長時間のゲームプレイは集中力の低下や脳の疲労につながるため、適度な休憩を取ることが重要です。

⑦オンラインゲーム:コミュニケーション能力、ネットリテラシー

オンラインゲームは、プレイヤーのコミュニケーション能力とネットリテラシーを高めるのに役立ちます。

多くのオンラインゲームでは、他のプレイヤーと協力したり、競争したりすることが多いです。これにより、効果的なコミュニケーションスキルやチームワークの大切さを楽しみながら身につけることができるでしょう。

そのなかで注意すべき点として、ゲームの過度な使用は、集中力の低下、脳の疲労、体調不良などに繋がることに。

さらにオンラインゲームでは個人情報の漏洩や、オンライン上での暴言や誹謗中傷に注意する必要があります。

ゲーム・SNSのようなオンラインでは、言葉がきつい人やマナーが悪い人がいます。

子供が問題に巻き込まれないか、ネットリテラシーを親子で学びながら、交流を見守りましょう。

ゲームを活用した勉強法と習い事

ゲームやアプリを使った勉強と習い事は、手軽さと子供たちの興味を引きやすいため、多くの学習に使われるようになりました。

① ゲームを使った習い事

ゲームを使った習い事で代表的なのは、マインクラフトを使用した教育プログラムです。

マインクラフトでは、子供たちは自分の世界を創造し、様々な課題に取り組みます。

これにより、子供たちは遊びながら学習することができ、同時にコミュニケーションを取る作業が一般の授業よりも多いので、より多くの意見を自分で考えて言えるようになるでしょう。

ゲームを使った習い事は、従来の教育方法にはない、創造的で実践的な学習体験を提供します。

② アプリを使った勉強法

アプリを使った勉強法は、子供たちがスマートフォンやタブレットを活用して学習する方法です。

最近の教育向けアプリやサイトでは、数学、言語、科学など様々な分野の他に、美容師のような専門職の免許や資格の勉強にも利用できるようなモノもあります。

最近のアプリではゲームの要素を取り入れ、学習をより効果的なものにした子供向けアプリがどんどん開発されています。子供たちが自分のペースで学習を進めることができ、学習の自立を促進しています。

③ eスポーツ

eスポーツは、競技としてのビデオゲームを指し、子供たちにとって新しいタイプの習い事として注目されています。

eスポーツは、チームワーク、戦略的思考、すばやい意思決定などのスキルを養います。eスポーツに参加することで、子供たちは競争の中で協力する重要性を学び、社会性やリーダーシップの能力を高めることができます。

eスポーツでは「課題をどうやって攻略するのか」という先を見通す考える力、よりよい手順に気づく判断力が必要です。

仲間とコミュニケーションを取ることも多く、eスポーツは子供の積極性を高めたり、向上心をもたせる面でも注目される習い事になっています。

④オンラインとオフラインゲームのメリット・デメリット

オンラインゲームでは世界中のプレイヤーと交流できることや、多様なゲーム体験を提供することなど、多くのメリットがあります。

しかし、デメリットとしてはオンラインゲームの過度な使用は、社会的スキルの欠如や肥満などの健康問題を引き起こす可能性があります。

また、オンラインの安全性に関する問題も重要です。親は、子供たちがオンラインゲームを安全に楽しむための適切な指導と監督を行う必要があります。

オフラインゲームはネット環境がいらないゲーム全般です。

オフラインゲームのメリットは、集中力の向上、その世界感を味わうことで創造力などをかきたてることができるなどが挙げられます。さらに、オフラインゲームは外部とのつながりが少ないのでSNSのような暴言やマナーの悪さを感じる人がいないため安心です。

デメリットとしては、オンラインに比べひとりですることが多く、体験が限られることが挙げられます。ゲームに没頭しすぎてコミュニケーション能力が育たない可能性も心配です。

子供の知識向上とスキルアップにゲームは今や必須?

子供の知識の向上とスキルアップにおいて、ゲームはとても大事な役割を果たしてくれます。いまやゲームは単なる娯楽ではなく、教育面で優れた効果をもたらしてくれますよ。

① 認知能力への影響

ゲームが子供の認知能力に与える影響は、多くの研究で注目されています。

  • 視覚的注意力
  • 空間認識能力
  • 短期記憶力

特にアクションゲームは、上記の3点以外のさまざまな能力も向上させることが示されています。

大人や年配の方ならボケ防止や脳の活性化が認められているよ!

これらのスキルは、学習や日常生活においても重要な役割を果たします。

ゲームの使用は適度に行う必要があり、長時間のプレイは逆効果になることも。疲れすぎないように行いましょう。

② ゲームの利点と限界

ゲームは子供たちに、複雑な問題解決能力の向上や創造力の促進などに効果的です。さらに、ゲームは子供たちの興味を引きつけ、勉強へのモチベーションを高めることができます。

しかし、ゲームのやりすぎは、社会的スキル、コミュニケーション能力の欠如、肥満や運動不足などの健康問題を引き起こす可能性があります。したがって、ゲームの利用はバランスよく行うことが重要です。

③ 批判的思考能力の育成

ゲームは、子供たちの批判的思考能力を育成するのに役立ちます。

多くのゲームは、プレイヤーに情報を分析し、状況に応じた最適な判断を下すことを要求します。これにより、子供たちは問題に対する多角的な視点を持ち、独自の解決策を考える能力を養うことができます。

批判的思考は、「自分の意見が正しい」という意見にかたとらず、相手や物事を多角的な視点から捉えることです。

この批判的思考を身に付けることで、問題解決の精度が上がり、新しい発見や発想につながります、将来的な社会生活においても重要なスキルです。

⑤ ゲームを使うときのメリハリを学ぶサポート

健全なゲーム利用のサポートは、子供たちがゲームの良いところを最大限に活用するために必要不可欠です。

親がゲームの使用方法を指導し、過度な使用を防ぐためのルールを子供に身に付かせることで、子供がゲームを自分でコントロールできるようになります。

勉強のためにも、遊ぶ時にも、健全なゲームの利用により、子供たちは楽しみながら学ぶことができるでしょう。

まとめ|子供の学習にゲームを取り入れよう

ゲームの側面影響
認知能力ゲームは子供の注意力や記憶力を含む認知テストの成績向上に関連
利点と限界学習へのモチベーション向上と過度な使用によるリスクのバランスが重要
批判的思考問題解決や多角的な視点を持つ能力の育成
教育ツール教育用ゲームやアプリは学習を楽しく効果的に伝える
健全な利用適切な使用方法の指導とバランスの取れたゲーム選択が必要

ゲームは子供の学習において、いまや重要な役割を果たします。

認知能力の向上、批判的思考能力の育成、そして教育ツールとしての活用など、多くの利点があります。子供の興味や知的好奇心を満たしてくれるゲームは非常に便利な勉強のアイテムになりました。

しかし、ゲームの過度な使用には注意が必要です。健全なゲーム利用のためには、適切な使用方法の指導とバランスの取れたゲーム選択が鍵となります。子供たちの学習にゲームを取り入れることで、楽しみながら知識とスキルを向上させることができるでしょう。

ゆとり

ゆとり

雑学大好き美容師。プライベートでは双子と末っ子の三兄弟の父。
育毛やヘアケア・子育て・暮らしの知識を中心に、日々の暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
「人生にゆとりと潤い」をテーマに生活を快適にしましょう。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事